留学・ワーキングホリデーの準備マニュアルと手続き方法
オーストラリア留学の準備
2014

オーストラリア生活のイメージ

オーストラリアの携帯電話


オーストラリアには日系のレンタル携帯電話が多くあり、留学カウンセラー留学生やワーキングホリデーに便利なプランがかなり発達していると言えます。
携帯電話で考えられる方法は下記があるでしょう。
1. 日本の携帯電話を持ってきて使う。
2. オーストラリアでレンタル携帯電話を借りる。
3. オーストラリアでプリペイド式の携帯電話を買う。

一見、1番の日本の携帯電話を持ってくることが便利に見えます。最近は海外設定にして使えますし、通話料も安くなりました。しかし問題は受信にもお金が掛かる事、そして、オーストラリア国内で日本の携帯同士の場合は国際電話になることでしょう。通話料が高めなので短期滞在の場合にはこの方法が面倒がありませんが、長期滞在には適していません。

オーストラリアでは永住者やビジネスビザでの滞在者でないかぎり、期間の問題で通常の電話会社での携帯電話契約ができないことになっています。そのため留学やワーキングホリデーの場合はレンタル携帯電話を契約するのが一般的です。レンタル携帯電話は日系の企業が多くあり、料金も良心的で、日本語で対応してくれるので大変便利です。また、日本出発前に携帯電話を予約して電話番号をもらえますから、家族に携帯電話番号を知らせておくことができます。
日本への国際電話もかなり安く使えますので、携帯電話の選択肢としては、この2番目のオーストラリアでレンタル携帯電話を借りる方法が最もよいと思います。
3番目のプリペイド式の携帯電話は、電話機本体が100オーストラリアドル前後で販売されています。これも一つの方法ですが、コストを考えると少々高めです。でもプリペイド式なので通話料をコントロールすることができます。街中の携帯電話ショップや郵便局などで販売されています。

<日本語のEメール>
以前は、日本語Eメールの対応に各社とも苦労していましたが、最近はほとんどのレンタル携帯電話が日本語のEメールに対応するようになりました。日本の携帯とは機能が違うかもしれませんが、スマートフォンのレンタルも出ていて、iphoneなどはほとんど同じになっています。


以下、オーストラリアのレンタル携帯電話会社のサイトリンク

⇒ ナビテル  (オーストラリア各地)
⇒ ニッテル (オーストラリア各地)
⇒ エイブルネット
(シドニー)

モバイルブロードバンドなどのインターネット接続についてはインターネットの項目をご覧ください。

ワーキングホリデービザ取得マニュアル
TOEIC
↑トップに戻る

リンク集 | サイト管理者 | プライバシーポリシー | サイト運営方針 | お問い合わせ

「オーストラリア留学の準備」に掲載の文章・記事・写真・画像の無断転載を禁じます。
尚、当サイトおよびサイト内のページへのリンクは自由です。
Copyright 2014 ISAC. All rights reserved.