オーストラリア留学とワーキングホリデーの準備マニュアル。
オーストラリア留学の準備2016年版

オーストラリアの車・運転免許、交通ルール

オーストラリアは車社会です。車がなければ生活できない地域もありますし、車を持つことで活動範囲が格段に広がります。留学カウンセラー
しかし、オーストラリアの都市部に滞在する留学生やワーキングホリデーの方は公共交通機関を利用して不便を感じないと思います。基本的に留学やワーキングホリデーで車の運転をすることはおすすめしませんが、ちょっと都市から離れた地域に滞在する場合には車が欲しくなるでしょう。 

運転免許証の注意点>

運転免許証はオーストラリアの州によって条件や規則が違いますので、十分に注意してください。
日本出発前には日本の自動車運転免許証と国際運転免許証の2つを取得しておくことをおすすめします。そして、その両方を持ってオーストラリアに行きましょう。なぜならば、国際運転免許証はそれ自体の有効期間とは別に、ある一定期間を経過すると無効とみなされる可能性があるからです(これは州によってルールが違います)。そのときは日本の自動車運転免許証を翻訳して使用することが可能です。
昔は海外で運転免許を取ると安いというお話がありましたが、現状では運転免許は日本で取るほうがよいでしょう。オーストラリアは交通事故防止のために運転免許の規定が厳しくなり、運転免許証を取得するまでの期間が数年と長くなっています。

交通ルール

オーストラリアは左側通行、右ハンドルで、基本的に左ハンドルの車はありません。アメリカ車もヨーロッパ車も日本車も韓国車もすべて右ハンドルです。交通ルールもほぼ日本と同じですので、比較的スムーズに運転に慣れることができるでしょう。
しかし、「オーストラリアの常識とは 」の項目でも紹介していますが、ラウンドアバウトと呼ばれるロータリーの走り方、右優先のルール等がありますので、オーストラリアに到着したら、近くの自動車登録事務所に行き、交通ルールのハンドブックをもらって勉強しましょう。
最近、オーストラリアは交通事故を減らすために厳しいチェックをしています。例えば週末や連休などはダブルデメリットと呼ばれる通常の2倍の減点ルールが適用されたり、アルコールチェックやスピードチェックを抜き打ちで行っています。街のいたるところにスピードカメラ、信号違反カメラが設置され、違反すると多額の罰金を科せられることになります。また駐車ルールもきちんと守りましょう。

中古車の購入

オーストラリアは中古車が非常に高い国だと思います。そして、どの国でもそうだと思いますが、中古車の購入は大変難しいものがあります。できれば車の状態を判断できる専門家に同行してもらって買うことが理想的です。もしわからない場合はロードサポートサービスなどを行っている機関で中古車のチェックサービスをしていますので、利用するとよいでしょう。

中古車の購入方法は下記が考えられます。
1. インターネット
2. 中古車販売店
3. プライベートセール(個人売買)
4. オークション

安く購入する方法はオークションや個人売買です。注意点としては、盗難車でないこと、ローンが残っていないことをチェックすることです。支払い方法は現金か銀行小切手が一般的ですが、現金は危険ですので、銀行小切手(バンクチェックと呼ばれるもので、銀行で作ってもらえます。)で支払いましょう。
また、購入しますと、自動車登録事務所へ出かけて、名義の書き換えをしなければなりません。 保険の登録も忘れないように。
ワーキングホリデービザ申請完全取得マニュアル
感覚的英語力自己判断テスト
TOEIC 受験対策テクニック


↑トップに戻る